WordPressが白紙に!表示が真っ白になったら…

Posted by: admin  :  Category: レンタルサーバー

ワードプレスが真っ白になっちゃって、治すのに時間がかかりました…
いろいろ検索したら、同じ症状で困ってた人たちがけっこういるみたい。せっかくなので調べたことをまとめておきます。

いくつかのサーバーでワードプレスを運用しているのですが、その中でアクセスがほぼ無くなったサイトが…
表示が遅いのが原因だと推測。Googleはサイトの表示が遅いと検索結果のランクダウンを招くとかなんとか。
というか、自分でアクセスしてみると、表示にすごく時間がかかる。
コアサーバーに設置しているワードプレス。もう一個同じサーバーに置いてあるワードプレスにもアクセスしてみると、これも遅い。
うーん、サーバーが遅いんじゃあしょうがないか…
なんて思いながら、サイトの表示速度を少しでも上げようと、あれこれやってると…

ひとつのワードプレスの読み込みが終わらなくなってしまいました。
ずーっと待つと、真っ白。
特に変にいじったわけでもないし、コアサーバーのデータベースへの接続が悪いのか?放っておけば治るだろ。
なんて思いつつも、調べてみるといろいろ情報が出てきました。

コアサーバーのヘルプ

PHPが白紙になる、正常に実行されない場合について
可能性として、運用されているPHPスクリプトと、サーバー側でのPHP高速化・キャッシュモジュールとの相性の問題が発生していることがあります。その場合は、下記コマンドを「.htaccess」に記載してください。
php_flag apc.cache_by_default off
※標準でキャッシュがOnになっており、高速化されております。明示的に有効にするには、下記コマンドを「.htaccess」に記載してください。
php_flag apc.cache_by_default on

確かに、head cleanerっていうプラグインを入れてて、それにキャッシュの機能もあるけど、二つあるサイトのうち一つだけ白紙になるってのはなあ。
何かしたら白紙になったっていうより、読み込みが遅くなってって感じなんだよなあ。

と思いつつも、とりあえず試す。
.htaccessファイルの先頭にphp_flag apc.cache_by_default offを記載。…変化無し。

CORESERVER におけるPHPエラーについて

こちらで、むしろonにしたら表示されたという情報を得て、onにしてみても変化無し。

さらに、.htaccessにPHPのエラーを表示させるようにすれば、エラー内容が出るので何か分かるかもという情報を得る。
.htaccessに「php_flag display_errors On」と記載してみるもエラーが表示されず。

WordPressの『白紙』問題

こちらで問題はfunctions.phpの書き方であるという情報をゲット。
でも、functions.phpいじってないし…症状も微妙に違う。

ページが真っ白(白紙)になって表示できません

こちらでは、パーミッションの設定をいじったら戻ったそうです。

文字化け?白紙?でも帰ってきたWordPress

こちらで、データベースはそのまま残るから、サーバーのファイル消してインストールしなおしたら治ったという情報をゲット。
でもそれはできれば最後の手段にとっておきたい…

と、誰もがあきらめかけたそのとき、ついに今回の症状を解決できるっぽい情報が!

XREAでWordPressが表示されないときには。

こちらはXREAでということですが、コアサーバーは言うなればエクセリアの上位版。まあだいたい同じです。
どうすればいいかというと、PhpMyAdminにログインして、テーブルを最適化するだけ。

PhpMyAdminにログインしたいとは思ってたんですよ。でもコアサーバーすごく分かりにくかったんです…汗
でも多分これだなと思いつつ、最適化をポチッと。

そうしたら、あっさり表示されて、しかもこれまでのもっさりWPが嘘みたいにサクサクになりました!
いやあすばらしい。
この症状が、XREAやCoreserverだけのものなのかは分かりませんが、お試し下さい。

白紙問題はいろいろと原因があるようですね…

そしてどうもデータベースは定期的に最適化した方がいいみたいです。

 

◆ワードプレスで稼ぎたいなら
もしもアフィリエイトをしているなら、こちらもご覧下さい。

SEOに強いアドセンス専用ワードプレステンプレート
商品ページ自動生成!もしもドロップシッピング×ワードプレステンプレート

アフィリエイトで稼ぐ上でも、一歩先を進めますね。
 


この記事に関連する投稿:

  1. 解決!さくらのwordpressで500エラー多発の原因
  2. ホームページが消える?iDiskの代わりのレンタルサーバー。
  3. ハッスルサーバー10日間無料申込手順
  4. ハッスルサーバーを評価するぞ。【注意点と評判】

Comments are closed.