HTMLとは何か、初心者向けに解説してみる

Posted by: admin  :  Category: 専門用語の解説

HTMLというのは、ウェブページの文章やレイアウト、画像などを配置したりするための記号のようなものです。

HyperText Markup Languageの略なんですが、そんなこと言われてもさっぱりですよね…

例えば…

<b>おはようございます。</b>

このように、<b></b>で囲われた部分は、太文字になります。HTMLタグというやつです。

ブラウザの表示から、ページのソースを選択するとHTMLソースが見られます。
英語で記号がいっぱい書いてあると思います。
このソースを解析して文章や写真などを配置、装飾してくれるのが、ブラウザソフトなんですね。

URLでも、index.htmlや、001.htmlなどが最後に入っていたりしますよね。これらのファイルは、HTMLファイルだということです。

ウェブサイトを作るときに、HTMLタグを手動で打ち込んで作ることもできます。
ホームページビルダーなどの多くのHP作成ソフトでは、画像の配置などを決めると、自動的にHTMLタグが生成されます。

ブログなどで文章を装飾するときにも、HTMLが使われています。多くのブログサービスでは、HTMLタグのことを知らなくても装飾することができますが、知っているといろんなことができるので楽しいです。

慣れてきたら勉強してみることをおすすめします。

関連する投稿はありません。

Comments are closed.