リンク(ハイパーリンク)とは?

Posted by: admin  :  Category: 専門用語の解説

ホームページで、文字などをクリックすると新しいウィンドウが開いて他のページやサイトが表示されることってありますよね。
これがリンクです。連結、つながりという意味で、他のウェブページへ移動する機能をハイパーリンクと言うんですね。

青色などで、下線のついた文字であることが多いですが、これはウェブサイトによって違います。ですが、ヤフーやGoogleなどの検索エンジンを始め、大企業のサイトなどでも青色のリンクが多いため、わかりやすいという理由で多くのウェブ制作者が青系統のリンクを採用しています。

訪問済みの場合は紫系統や、ちょっとくすんだ色にすることが多いです。

リンクにカーソルを重ねると、矢印だったカーソルが指に変わりますよね。
その時、ブラウザのステータスバー(一番下のところ)に、リンク先のURLが表示されます。

ここから先の用語は、特に覚えておく必要はありませんが一応解説します。

他のページへのリンクを発リンク、他のページから受けているリンクを被リンクと呼んだりします。
なんという文字でリンクされているかを、アンカーテキストと言います。

リンクは、文字だけでなく画像からも貼ることが出来ます。

ちなみに、リンクを貼る場合のHTMLタグは、

<a href=”リンクしたいURL”>アンカーテキスト</a>

となります。

この記事内でも、ブラウザ、URL、HTMLタグのキーワードが、それぞれ関連記事へのリンクにしています。

アイドルブログで見る独自ドメインとサブドメインの違いとは?

Posted by: admin  :  Category: 専門用語の解説

独自ドメインとは

まず、URLから見てみます。

http://www.yahoo.co.jp/

これはヤフーのURLですが、「yahoo.co.jp」の部分をドメインと言います。

ヤフーのメールアドレスを見てみると、

○○@yahoo.co.jp

これにも「yahoo.co.jp」が。

「○○.co.jp」は、日本の会社や企業などが取得できる独自ドメインです。

「○○.jp」は、日本に住所のある人なら取得できます。
他にも、「○○.com」、「○○.net」、「○○.org」、「○○.biz」、「○○.info」などをよく目にしますよね。

こういった独自ドメインは、ムームードメインやバリュードメインなどで個人でも取得できます。
実は私も100個以上のドメインを取得しています。^^

○×△.comという独自ドメインを持っていると、レンタルサーバーなどに設定すれば、「http://○×△.com/」というURLでサイトを運営することもできるし、「○○@○×△.com」というメールアドレスを使うこともできるというわけです。

サブドメインとは

ヤフーオークションのURLを見てみます。

http://auctions.yahoo.co.jp/

これも「yahoo.co.jp」というドメインを使ったURLですね。
でも、前に「auctions.」がついてます。この「auctions.yahoo.co.jp」は、「yahoo.co.jp」のサブドメインなんです。
(www.yahoo.co.jpも本当はサブドメインですが、wwwは特別なので、自動的に使えるようになるサーバーが多いです。)

ドメイン管理者は、基本的にいくつでもサブドメインを設定できます。

小倉優子ことゆうこりんのブログのURLを見てみます。

http://ogurayuko.cocolog-nifty.com/

これは、cocolog-nifty.comのサブドメインで運用されていますね。
ココログという無料ブログサービスでブログを作ると、cocolog-nifty.comのサブドメインが使えるということです。

AKB48の篠田麻里子のブログのURLは

http://blog.mariko-shinoda.net/

これもサブドメインですね。でも、ドメインが「mariko-shinoda.net」となってます。独自ドメインを取得しているようです。http://mariko-shinoda.net/をオフィシャルサイトとして、そのなかにブログをサブドメインで置いているんですね。
ちょっとHTMLソースを見たところ、seesaaブログというブログサービスに、自分のサブドメインを当てているようです。

http://mariko-shinoda.seesaa.net/でアクセスしても、同じブログが表示されます。このようにブログサービスによっては、自分の独自ドメインや、そのサブドメインを持ち込めるところもあるんです。

続いて岡本夏樹さんのブログのURL

http://ameblo.jp/okamoto-natsuki/

芸能人ブログと言えば、アメブロですね。これは、サブディレクトリと言われるURLです。ameblo.jpはそのまま使っていて、その中に「okamoto-natsuki」というフォルダが入ってると思ってください。

あなたがアイドルの場合、どの方式を使うのがいいのかは一概には言えません。

独自ドメインを持ち込んだ方が、高級な感じがしますよね。無料ブログのサブドメインとかは、ちょっと安っぽい感じもします。

アメブロのようなサブディレクトリの場合は、アメブロ自体のドメインのパワーがサブディレクトリにも影響するので、検索エンジンで上位に表示されやすいというメリットもあります。あと、アメブロはたくさんの芸能人が使ってるので、それほど安っぽさはないですよね。

ということで、まあその、事務所の方針に従えばいいかと。ヽ(*’0′*)ツ

サイトのアクセス数を調べる【アクセス解析にできること】

Posted by: admin  :  Category: 専門用語の解説

せっかくサイトを作ったら、人が見に来てくれてるのか気になりますよね?
アクセス解析を使うと、サイトのアクセス数などを調べることができます。

アクセスカウンターと違うのは、訪問者数だけじゃなくて他にもいろいろなことが分かるところです。

  • いつ来たのか?
  • どのページからリンクを辿ってきたのか?
  • どんなキーワードで検索して来たのか?
  • ブラウザは何を使っているのか?
  • パソコンのOSは何か?
  • どんなプロバイダからのアクセスか?
  • ページにどのくらい滞在したか?

アクセス解析の種類によりますが、だいたいこんなことが分かります。

思いもよらないキーワードで検索されていたり、有名なサイトがリンクを貼ってくれたりといったことが分かって便利です。
検索キーワードを参考にして新しい記事を増やせば、効率よく求められているコンテンツを提供できるということです。

ヤフーで狙ったキーワードで1位に表示されるようになったとしても、実際にそこからアクセスが来るのかは計測しないと分かりませんよね。

ページの滞在時間が短ければ、内容が期待とマッチしてなかったり、読みにくいのかもしれません。

訪問者の数とページビューがほとんど変わらないとしたら、あなたのサイトは一人が1ページしか見てないということ。他のページも読んで欲しかったら、何か工夫しないといけないかもしれません。

ホームページを作るというのは、独りよがりになってしまいがちなものです。アクセス解析を設置して訪問者の気持ちを考えることで、より人気の出るサイトにすることができるんですね。

念のために言っておくと、アクセス解析で個人を特定されることはありません。掲示板などに名前を書き込んだりすると、このアクセス情報の人はこの人なんだと紐づけられることはありますが。

設置してないサイト運営者は、すごく損しているということがお分かりいただけたと思います。

次は初心者でも設置しやすいアクセス解析をいくつか紹介します。

レンタルサーバーのデータベースの用途

Posted by: admin  :  Category: 専門用語の解説

サーバーをレンタルしようと色々探していると、データベースだとか、MySQLという言葉を目にすると思います。
データベースが使える!とか、MySQLが10個使える!とか…
そんなこと言われても、そもそもデータベースとか、MySQLとかってなんなのさ?と思いつつも、たくさん使えた方がいいんだろうかと考えてしまいますよね。

まず、データベースというのは、文字通り各種の情報を利用しやすくまとめたものです。
MySQLというのは、データベースのシステムのことで、ウェブサイトを構築するために世界で一番使われています。
mixiやTwitterでも、このシステムが使われているんです。

簡単に言うと、MySQLにデータをわかりやすく保管しておいて、必要なときに取り出して表示してるんです。
あの子の5月5日の日記見たい!と、リクエストがあれば、その子のその日の日記を取り出して表示するんです。

何が良いのかって言うと、無駄がないんです。大量のデータを入れておいて欲しいときだけ取り出すので、部屋が散らからない。そんなイメージだと思ってください。

ウェブアプリケーションと呼ばれるツールなどで利用されています。
具体的には、WordPress(ワードプレス)、MovableType(ムーバブルタイプ)、OpenPNE(オープンピーネ)、PukiWiki(プキウィキ)などの各種CMS(コンテンツマネジメントシステム)で使われています。

ブログシステムや、wiki、SNSなどを自分のサイトに設置したいなら、MySQLが使えるサーバーを用意しなくてはならないということです。

逆に言うと、CMSが必要ないならデータベースも要らないんです。

自分でホームページ作成ソフトでHTMLページをつくってアップするなら、無くてかまわないということです。
その場合、レンタルサーバーは安いプランで問題ありません。

定番のFTPソフトとは?

Posted by: admin  :  Category: 専門用語の解説

FTPソフトとは、サーバーにファイルをアップロードしたり、サーバーからパソコンにダウンロードしたりするためのソフトのこと。FTPクライアントとも呼ばれます。サーバーと契約したときのFTPサーバー名(ホスト名)、FTPユーザー名、FTPパスワードを設定することでサーバーへ繋ぐことができます。

ホームページビルダーや、ドリームウィーバーなどのサイト作成ソフトには、このFTP機能が組み込まれていますが、FTP機能だけを利用するには単体のソフトを使った方がやりやすいんです。

FFFTP

Windowsでの定番のフリーソフトはFFFTP
→★FFFTP

ffftp

Cyberduck

Macintoshでの定番はCyberduckです。
→★Cyberduck

サイバーダック

サイバーダックは、実はWindows版もあります。

ブログとは何なのか?機能や特徴

Posted by: admin  :  Category: 専門用語の解説

ブログとは、Blogと書きます。Weblogの略で、webをログ(記録)するっていう意味です。厳密な定義はありません。
最初は気になるサイトのURLを、寸評付きで紹介するっていう、まさにウェブを記録する感じだったみたいです。

それが、日本では個人の日記や記録という認識で広まりました。専用のツールも登場して、サービスとしてブログシステムを無料で提供する、いわゆる無料ブログサービスが一般的になっています。

それまでウェブで情報を発信するには、ホームページをつくる技術が必要でした。でも、こういったサービスが登場したおかげで、誰でも簡単に文章や写真を発表できるようになったんですね。

ネット上の情報の爆発に、ブログの登場は一役も二役も買っているんです。

特徴

特徴として、コメント機能や、トラックバック機能があります。
コメント機能は、感想などを書き込める機能。トラックバックは、自分のブログで記事を取り上げたことを知らせる機能です。
携帯から簡単に記事を更新できたり、携帯メールで更新できるモブログ機能などもあります。

いろんな無料ブログサービス

2004年頃から、HPスペース星人の周りにも「はてなダイアリー」で日記を公開する人たちが増えました。
私も2005年から続けているはてなダイアリーがあります。(放置中だけど…)

現在では、なんといってもアメーバブログが人気ですね。
ほとんどの芸能人が使っているので、有名になってきました。

他にも、livedoor blog、FC2ブログ、SHINOBIブログ、ココログ、seesaaブログなど、たくさんの無料のサービスがあります。

これらのサービスは、メールアドレスさえあれば登録できて、すぐにブログを始められます。
でも、無料なので、当然リスクがあります。

リスク

まず、広告がつきます。アメブロは広告がすごく付くので大変見にくいです。
なるべく広告が少ないサービスを選んだ方がいいですね。ただ、利用規約が突然変って、広告が増えたりっていうことが無料のものではかなりあります。
また、30日以上更新しなかったりすると、大きな広告が表示されたりするものも多いです。

タダで使わせてもらうのだから、しょうがないです。これらの広告がないと、ブログサービス会社が潰れて、自分のブログも消えて無くなりますから…

そうならないようにするには、自分でレンタルサーバーを借りて、そこにブログのシステムを設置してしまうことです。
そうすることで、日記とかっていうより、普通のHTMLサイトのような造りにすることも容易になります。

このHPスペース星人も、Wordpressというブログシステムをレンタルサーバー上に設置して利用しています。
ブログとHTMLサイトという垣根が無くなってきていると言っていいでしょう。
Wordpressも、ブログシステムというより、コンテンツマネジメントシステム(CMS)と呼ばれています。

多くのBlogサービスでは、有料サービスに申し込むと広告が消えたり、便利な機能がプラスされたりします。私もライブドアブログの有料版を、毎月315円払っています。

でも、実は格安のレンタルサーバーを借りても、たとえばハッスルサーバーなら、ひと月あたり208円~と、安いです。

あれ?有料ブログ高いんじゃないか…?

HTMLとは何か、初心者向けに解説してみる

Posted by: admin  :  Category: 専門用語の解説

HTMLというのは、ウェブページの文章やレイアウト、画像などを配置したりするための記号のようなものです。

HyperText Markup Languageの略なんですが、そんなこと言われてもさっぱりですよね…

例えば…

<b>おはようございます。</b>

このように、<b></b>で囲われた部分は、太文字になります。HTMLタグというやつです。

ブラウザの表示から、ページのソースを選択するとHTMLソースが見られます。
英語で記号がいっぱい書いてあると思います。
このソースを解析して文章や写真などを配置、装飾してくれるのが、ブラウザソフトなんですね。

URLでも、index.htmlや、001.htmlなどが最後に入っていたりしますよね。これらのファイルは、HTMLファイルだということです。

ウェブサイトを作るときに、HTMLタグを手動で打ち込んで作ることもできます。
ホームページビルダーなどの多くのHP作成ソフトでは、画像の配置などを決めると、自動的にHTMLタグが生成されます。

ブログなどで文章を装飾するときにも、HTMLが使われています。多くのブログサービスでは、HTMLタグのことを知らなくても装飾することができますが、知っているといろんなことができるので楽しいです。

慣れてきたら勉強してみることをおすすめします。

ブラウザとは何か?

Posted by: admin  :  Category: 専門用語の解説

簡単に言うと、インターネットを見るためのソフトのこと。
パソコンはいろんな処理をするときに、様々なソフトが立ち上がって動いています。
ヤフーで調べ物をしたりするときに起動させているソフトが、ブラウザソフトです。

あなたが今このページを見ているという事は、今使っているソフトがまさにブラウザなんです。

「そんなこと知ってるよ!」と言われそうですが、あなたが使っているブラウザはなんていうソフトか分かりますか?

いくつか種類もありますが、最初からパソコンに入っているのは、Windowsの場合、Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)というソフトだと思います。

Macの場合は、Safariというブラウザソフトが入っています。

これらのソフトは、どんどんバージョンアップして、機能が増えて行っています。あまり古いバージョンだと、最新の技術を使ったサイトなどは、正しく見られない場合もあります。

その場合には、最新バージョンにアップグレードしましょう。

また、他にはGoogleが開発した、さくさく動くのが特徴のGoogle Chrome(クローム)や、様々な機能が簡単に増やせるMozilla Firefox(FF/ファイヤーフォックス)などがあります。

URLとはどんな意味?

Posted by: admin  :  Category: 専門用語の解説

インターネットで、ホームページなどの様々な情報をブラウザソフトを使って見ます。
そのとき、どの情報にアクセスするか、その情報がどこにあるのかを示すものが必要になるのは、なんとなく想像できると思います。
あなたが友達の家に行くとき、その場所を知っていないとたどり着けませんよね。誰にでもその場所が分かるようにするためには、「住所」があると便利です。

インターネット上でも、この「住所」にあたるものが存在します。
それが「URL」というわけです。

Uniform Resource Locator(ユニフォームリソースロケータ)の略で、一般的にはホームページアドレスなどとも呼んだりするのと同じものです。

ウェブサイトを表すURLは、http://から始まる記号で表されます。

具体的には、ヤフーのトップページのURLは「http://www.yahoo.co.jp/」です。

このHPスペース星人のトップページのURLは「http://itkai.com/」です。
このページのURLは、「http://itkai.com/urlとはどんな意味?/」ということになります。

最近では、このようにURLに日本語も使えるようになってきましたが、実はまだいろいろと問題もあります…。

サーバーとは?初心者向けの解説

Posted by: admin  :  Category: 専門用語の解説

あなたは、ネットサーフィンでいろんなホームページを見ますよね。
ブログやSNS、ツイッターなど。そのデータはどこにあるんでしょうか?
友達のホームページを見ているとき、友人のパソコンの中をのぞいている…のではありません。
それだと、その友人がパソコンを終了させたら見れなくなってしまいます。

いつでも見られるということは、365日、24時間動き続け、ネットワークに繋がって情報を提供してくれているパソコンがどこかにあるということですね。
そのパソコンのことを、サーバーと言います。普通のパソコンに比べ、耐久性にすぐれたマシンです。

自宅にサーバー(ホームサーバ)を置いて管理することも可能ですが、初心者には無理です。技術も要りますし、様々なリスクもあります。

通常はレンタルサーバーを借りて、そこに自分のパソコンで作ったデータをアップロードしてウェブサイトを公開することになります。

プロバイダサービスのホームページスペースや、有料・無料含め、たくさんの業者がしのぎを削っているのです。

当サイトでは、格安のレンタルサーバーを借りることをオススメしています。