管理が大事 Dropboxの危険性と対策

Posted by: admin  :  Category: Dropbox

無料で使えて便利なDropbox、これまで大きな問題や不都合は報告されていませんが、それでも危険性はあるのでしょうか。
Dropboxは、インターネットを通じて常にファイルが更新されるため、ファイルの流出が全くないとは言いきれません。

例えば、第三者がアドレスやパスワードを入手してDropboxにアクセスされれば、データは危険にさらされてしまうでしょう。
そのような危険性を回避するためには、日頃からDropboxの共有ファイルには危険にさらされては困るようなファイルは、入れておかないことです。

次に、Dropbox自体のセキュリティには問題はなくても、パソコンのデータを一部削除または更新した場合は、その更新内容がDropboxにも反映されることを覚えておかなければなりません。
復元することはできますが、データの容量が多いと復元作業も時間と手間がかかり大変になります。
パソコンでのデータの削除の際には、気をつけて操作を行うことが必要ですね。

セキュリティを高める方法として、ファイルの暗号化があります。
パスワードがわからなければ開けないzipファイルにしてしまうということです。
フリーソフトなどを使うと簡単につくれます。

また、オンライン上のドロップボックスにデータを送る前に、自動的に暗号化してくれるSecretSyncというアプリケーションもあります。


まだDropboxを導入していない人は、今なら無料で500MB容量が追加されます。
こちらからインストール後に確認してみて下さい。 >>500MBボーナス


Dropboxは無料だと2GB。もっと容量が欲しいと思ったら、次は1TBの月額1,200円になります。そんなに必要ないと言う場合、100GBで月額7.49ドルの「SugarSync」がおすすめ。
Dropboxと違って、既存のフォルダ構造がそのままバックアップできるのも特徴です。

今なら1ヶ月無料で試せます。


この記事に関連する投稿:

  1. 大事なデータは保存するな!Dropboxの安全性
  2. シュガーシンクとDropboxの違いと空気
  3. 完璧じゃない?Dropboxの欠点・デメリット
  4. オフラインで更新 Dropboxの仕組み
  5. Dropboxの使用容量アップを見逃すな

Comments are closed.