本名でブログを書く注意点(実名活動の心得)

Posted by: admin  :  Category: コラム

Facebookは実名が基本。Twitterでも本名で活動する人が増えています。
誰でも閲覧できるブログでは、特に注意が必要です。リスクや気を付けた方が良いことについてまとめました。

仕事などの関係で実名活動をする場合を想定しています。自分の本名をアピールする必用がないなら、ペンネームなどで活動することをおすすめします。

ネットに公開した文章は光の速さで全世界に公開され、一生削除することは出来ません。

その文章が、永遠に大手新聞の一面に載っても構わないか考え、投稿してください。

最悪の場合、自分の子供の就職や結婚にも悪影響を及ぼす可能性があります。

■大前提
なんのためのブログなのかを意識する
投稿する文章には役割を持たせる
ただの日記では無く、持論・結論を入れる

■決め事
一人称は「私」にする(例えばです)
社名などはできるだけ正式名称で書く
書いた文章はすぐに投稿せず、一日置く
お酒を飲んだら書かない
誰かの悪口・批判は書かない

■注意すること
個人情報は漏らさない
個人名は許可を取ってから
名前を伏せるなら誰か分からないように
誰だか分かる写真も許可を取ってから
一般公開されていない日付はぼかす
著作権に気を付ける(引用はOK)
誰かを紹介するときはリンクを貼る

例えば、

「昨日、山田会社の山田社長が年始のあいさつに来て下さいました。」

↑これは勝手に書くのはNGです。
山田社長が年始のあいさつに来なかった会社の人が見たらどう思うでしょうか?
「山田さん、うちには来なかったのにこいつのとこには行ったのか!(怒)」
と、山田さんに迷惑がかかる可能性があります。

「昨日は、飲み会で同級生の中村くんと熱く語り合いました。」

↑これももちろんNG
中村君は、他の飲み会を断って来てるかも知れません。
断られた人が見たらどう思うでしょうか?

どうしても実名で書きたい場合は、相手に許可を取って下さい。
そして「昨日」ではなく、「先日」の方がリスクが減ります。

相手がネットで活動している場合は、相手が公開している以上の情報は出してはいけません。
ハンドルネームで活動している人の本名を出したり、その人の家族の本名や、住んでいる地域を出したりはNGです。
その人がプロフィール欄などで公開している情報までなら問題ありません。

本名を出しておいて、その人がハンドルネームで活動してるブログを紹介してはいけないということです。

ブログ記事が増えていくと、小出しにした個人情報が蓄積されます。あなたの行動パターンや自宅も特定される可能性があります。
自分の情報をどこまで出してどこまで出さないのかを最初に決めておきましょう。

写真のExif情報にも注意です。最近のスマホなどでは、撮影した場所などの情報も写真に含まれる場合があります。写真を投稿する前にExif情報を削除するか、撮影時に位置情報サービスをオフにする必要があります。

この記事に関連する投稿:

  1. スマホでFAXができるアプリ!ペーパーレスでコスト削減
  2. レスポンシブwebデザインでYoutubeの埋め込み動画がはみ出た
  3. kobo touchをさらに安い料金で購入する裏技とは?

Comments are closed.