完璧じゃない?Dropboxの欠点・デメリット

Posted by: admin  :  Category: Dropbox

複数のパソコンを日常的に使う機会の多い方に便利なDropboxですが、欠点もあります。
パソコンのHD容量を気にしないで済む、いわゆるオンラインストレージと違って、自分のハードディスクの容量を使うのもデメリットと言えばそうですね。

また、Dropboxを使おうとすれば、パソコンごとにインストールをしなければいけません。
自宅のパソコンならすぐにでもインストールできそうですが、厄介なのは職場や公共の施設のパソコンへのインストールです。

会社や企業では、新しいアプリケーションのインストールには、施設のシステム管理者への手続きや上司への許可が必要です。
ウイルスやハッキング対策の点からも、各企業では、個人用のアプリケーションのインストールは許可していないところが多いようです。
この点でも、Dropboxをインストールする先のパソコンも制限されてしいそうです。

解決策としては、ブラウザからログインすることも可能ですが、ポータブル版をUSBメモリなどに入れて使うこともできます。

もうひとつの欠点は、インターネットの回線速度に影響されるということです。
ファイルのデータ量が多い、動画や音声ファイルなどは、データの更新時にインターネットの速度が遅ければ、時間がかかってしまうでしょう。
特に有料契約で大容量使っている場合は、新しいパソコンに同期させるのに、一晩かかったりするでしょう。
 


まだDropboxを導入していない人は、今なら無料で500MB容量が追加されます。
こちらからインストール後に確認してみて下さい。 >>500MBボーナス


 
Dropboxは無料だと2GB。有料だと1TBからになります。そんなに必要ないなら、100GBで月額7.49ドルの「SugarSync」がおすすめ。

今なら1ヶ月無料で試せます。


この記事に関連する投稿:

  1. 大事なデータは保存するな!Dropboxの安全性
  2. シュガーシンクとDropboxの違いと空気
  3. 管理が大事 Dropboxの危険性と対策
  4. オフラインで更新 Dropboxの仕組み
  5. Dropboxの使用容量アップを見逃すな

Comments are closed.