大事なデータは保存するな!Dropboxの安全性

Posted by: admin  :  Category: Dropbox

Dropboxの安全性といえば、何といっても盗難や紛失にあわないことです。
ネット上にデータが保存されるので、パソコンやUSBスティックを盗まれたり、忘れたり、壊したりしても、データが無くなることがありません。

また、個人でデータを管理するよりも、データ管理のプロが管理しているほうが、より安全だと考えることもできます。
Dropboxの従業員が故意にデータを持ち出したりすれば話は別ですが、そうでない限り、強力な暗号キーやサーバーで管理されるDropboxは、データ用の銀行みたいなものと考えられるのではないでしょうか。

ただ、大手メーカーなどでも個人情報流出事故が起こっているわけで、情報漏洩リスクがゼロというわけではありません。
個人情報などは保存しないのが鉄則です。

いずれにしても、使用者が安全性を個々に判断することが大切です。
もし、Dropboxの安全性に不安があると感じている方は、重要なファイルのDropboxへの保存は避けた方がよいでしょう。

ファイルを暗号化する、zip圧縮してパスワードをかけるなどの方法もありますが、保存するのは万が一盗み見られても困らないファイルだけにしておくと安心です。
 


まだDropboxを導入していない人は、今なら無料で500MB容量が追加されます。
こちらからインストール後に確認してみて下さい。 >>500MBボーナス


 
Dropboxは無料だと2GB。有料だと1TBからになります。そんなに必要ないと言う場合、100GBで月額7.49ドルの「SugarSync」がおすすめ。

今なら1ヶ月無料で試せます。


この記事に関連する投稿:

  1. シュガーシンクとDropboxの違いと空気
  2. 完璧じゃない?Dropboxの欠点・デメリット
  3. 管理が大事 Dropboxの危険性と対策
  4. オフラインで更新 Dropboxの仕組み
  5. Dropboxの使用容量アップを見逃すな

Comments are closed.