ハッスルサーバーを評価するぞ。【注意点と評判】

Posted by: admin  :  Category: レンタルサーバー

当サイト(HPスペース星人)でもハッスルサーバーを使用しています。

ハッスルサーバーは、12ヶ月で契約すると月額208円です。
いわゆる格安レンタルサーバーの中では、コストパフォーマンス高し。

当サイトでの評価は、★★★★★。五つ星です。

※2014年現在、ハッスルサーバーはおすすめしておりません。サーバースペックは問題ないのですが、管理人の方が多忙のようで、サポートの返信がとても遅くなっております。銀行振込の見落としなどもあり、大変困りました。継続する場合もクレジットカードの方が問題が少ないと思います。

■よくない評判を見てみる

私だけの意見では偏ってしまうので、ハッスルサーバーを使っている人たちの意見を調べてみました。
気に入っているのは私だけでないようで、おおむね高評価。

ですが、中には気になる書き込みも。

「高負荷のサイトとしてアカウントを削除された」
「アクセスが多いと、エラーになることがある」

これはどちらも転送量オーバーによるものです。
禁止事項に、「1日1000Mバイトを超えるデータ転送」と明記してあります。
サーバー上にどのくらいデータをアップしているか、ではありません。
誰かがホームページにアクセスして1MBの写真を表示したら、転送量1MBです。100人が1MBの写真にアクセスしたら、100MB。

200KBほどの写真を毎日5枚アップするサイトがあったとします。
200×5=1000KB≒1MBほどですね。
毎日千人がアクセスして、5枚の写真を表示させたら1000MBになります。
ということは、大きな写真を載せたりしてなければ、毎日数千人がアクセスしてこなければ転送量でひっかかることはまずありません。
そんな人気サイトを運営しているうらやましい人は、専用サーバーなどを借りてください。^^

料金の安いサーバーは、共有サーバーです。何人もで1つのサーバーをわけあって使っているため、安く利用できるんです。だから転送量の制限などがあるんですね。

私は現在ハッスルサーバーで20サイト以上運営しています。総アクセス数は一日に2400アクセスほど。
このくらいなら、何の問題もなくサイトも表示されますし、ハッスルサーバーから警告も来ていません。

とはいえ写真をたくさん載せるにしても、なるべくデータが軽くなるように加工する、無駄にサイズを大きくしないなどの工夫はしておきましょう。
動画などの容量の重いものを公開したい場合は、youtubeなどの外部のサービスを上手に利用しましょう。

ちなみに、文章だと日本語で50万文字書くとやっと1MBです。

この転送量の問題は、ハッスルサーバーだけの問題ではありません。
格安の共有サーバーでは、転送量実質無制限と書いてあったとしても、どこであれ高負荷のサイトを運営することはできません。専用のサーバーを借りるか、もっと上位のプランを借りる必要があります。

■機能・特徴はどうか?

マルチドメインが32個使える。

つまり独自ドメインの設定が32個できます。
個人でサイトを運用していると、けっこうな確率で友達からホームページの作成を頼まれたり、サークルやグループなどで掲示板などを設置したいと相談されたりします。
そんなとき、ドメインさえ用意すればサーバーを新たに借りる必要がありません。もちろんサブドメインでもいいですね。
自分の趣味のサイトでも、趣味ごとにテーマをわけてホームページを運営することをおすすめします。その方が趣味に沿った仲間が集まりやすく、交流も生まれやすいです。
たとえそんな予定がなくても、複数のドメインが使えるサーバーを選んでおくことに損はありません。大は小を兼ねるですね。

ディスク容量1.5GB3GB

これは普通にサイトを運用する上で十分すぎる容量です。サービス開始当初は500MBだったのですが、1GBになり、現在は1.5GBになっています。(2012年1月10日に3GBに増量されました!)
つまりこれからも、時代に合わせて容量が追加されていく可能性が高いです。

データベースが使える

使えるデータベースはMySQL 5.0.x (UTF8)がひとつです。このデータベースっていうのが使えると、Movable TypeやWordpressといった便利なコンテンツマネージメントシステムっていうのが使えるんです。
簡単に言うと、自分のサーバーにブログのシステムを組み込めるということ。
ひとつしか使えないんじゃ、複数のサイト運営ができないと思ったあなた、安心してください。^^
Movable Typeはひとつ設置すれば複数のサイトが運営できますし、wordpressはデータベースがひとつあれば、いくつでも設置できます。

いろんなツールをガシガシ設置して遊びたいという人以外は、データベースはひとつで十分です。

■ちょっとした注意点

ドメインが32個まで設定できますが、一度設定した後に削除しても、カウントが戻らないという謎の仕様になっています。
つまり、もしもドメイン名を30回間違えたら、あと2つしか使えなくなってしまうんです。アフィリエイト用などで、たくさんのサイトを運用しようと思っている人は、特に気をつけてください。
とは言っても、32もあるので、何回かミスっても問題無いですけどね…

また、「http://www.example.com/」のように、wwwつきでサイトを表示させたい場合は、www.example.comとして登録します。

独自ドメインの取得サービスは含まれないので、ムームードメインやバリュードメインなどを利用して取得、設定する必要があります。
私はムームードメインがお気に入りです。

または独自ドメインじゃなくていいという人は、ハッスルサーバーのサブドメインを利用しましょう。

申し込み方法

詳しく申し込み方法を図解しました。

こちら→★ハッスルサーバー10日間無料申込手順

この記事に関連する投稿:

  1. 解決!さくらのwordpressで500エラー多発の原因
  2. ホームページが消える?iDiskの代わりのレンタルサーバー。
  3. WordPressが白紙に!表示が真っ白になったら…
  4. ハッスルサーバー10日間無料申込手順

Comments are closed.