ハッスルサーバーにWordPress設置【複数インストールも】

Posted by: admin  :  Category: 各種設定方法

ハッスルサーバーへのWordpressの設置方法を解説します。

ハッスルサーバーでは、Movable Type(MTOS)の自動インストールができますが、ワードプレスは自分で設置しなくてはなりません。でも簡単なので大丈夫。

MTOSは複数のブログの管理ができて便利なんですが、HPスペース星人でおすすめのブログツールは、Wordpressです。

ハッスルサーバーで使えるデータベースは1つ。だから複数のサイトを作る場合、MTOSしかブログツールは選択肢が無いと思い込んでいる人もいるようです。

でも実は、データベースは1つあれば、複数のワードプレスをインストールすることができます。

まずはサーバーの申し込み

ハッスルサーバーへの申し込みがまだの場合はこちらから

→★ハッスルサーバー10日間無料申込手順

ログインIDやパスワードの書かれた、設定完了のお知らせメールを開いておいてください。

データベースを準備

コントロールパネルにログイン

http://www.hustle.ne.jp/login.cgiを開く。

設定完了のメールに記載されているユーザーIDとパスワードでログイン。ログイン

左のメニューバーのデータベースのMySQL5をクリックして、「データベースを作成する」ボタンをクリック。データベース作成

ここのMySQLサーバー名、MySQLデータベース名、MySQLユーザー名、MySQLパスワードが必要になります。

mysql5

パスワードは、設定完了のお知らせメールに書いてあるコントロールパネルのパスワードと同じですが、不安な人は新しいパスワードを設定しておきましょう。変更したら、忘れないようにメモしておいてください。φ(..)

ワードプレスのファイルをアップロード

日本語のwordpressサイトからファイルをダウンロード

http://ja.wordpress.org/にアクセスして、zip形式のファイルをダウンロード。

wordpress日本語

ダウンロードしたzipファイルを、右クリック→すべて展開を選択すれば、解凍できます。

FTPソフトでハッスルサーバーと繋ぐ

FTPソフトをインストールしていない方はこちら→定番のFTPソフト

FTPソフトに設定完了のお知らせメールに書いてあるFTPサーバー名、FTPユーザー名、FTPパスワードを設定して接続。
FFFTPの設定方法は、ハッスルサーバーのサイトにも詳しく載っています。
http://www.hustle.ne.jp/ffftp.html

wordpressを設置したい場所にwordpressフォルダ内のファイルをすべてアップロードします。

http://○○○.hustle.ne.jp/に設置する場合はwww内に。(最初に入ってるindex.htmは削除してください。)

http://○○○.hustle.ne.jp/abc/に設置する場合はwww内にabcというフォルダを作ってその中に。

アップロード

アップロードが終わるまで待ちます。
ブラウザで設置したURLにアクセスして、「設定ファイルを作成する」をクリック。
エラー画面

次に進みましょう。
設定用データ準備

先ほど確認した、MySQLサーバー名、MySQLデータベース名、MySQLユーザー名、MySQLパスワードをそれぞれ入力します。
ハッスルサーバーの場合には、データベースのホスト名のところにはMySQLサーバー名を入れます。
テーブル接頭語は、一つ目のインストールの場合、デフォルトのwp_ のままでも構いませんが、変更した方がセキュリティ上少しは安心になります。
MySQLのデータを入力

さらにインストール実行を押すと…
インストール実行

はい、ドン!
ようこそ
あとはガイドに従って必要事項を入力すればOK。

こころにくいインストール成功のアナウンス。
インストール成功

ログインすると、こんな感じ。ダッシュボードっていう管理画面。
ダッシュボード

初期設定のデザインはこんな。無数にあるテーマから好きなデザインを選べます。
ハッスルサーバーテストサイト

さあ、素敵なワードプレスライフをお送りください。^^

複数インストールする場合

wordpressを複数インストールするには…って、もう気付いてるかもしれませんが、テーブル接頭語を変えるだけです。
別のフォルダを作って、そこに同じようにwordpressの全ファイルをアップロード。(例:http://○○○.hustle.ne.jp/wp/)
そこにアクセスして、インストールをすすめます。そのときテーブル接頭語をそれまでに使用していない接頭語にするだけでOKです。
ファイルをその都度アップロードする必要がありますが、この方法がもっとも簡単な方法になります。

http://○○○.hustle.ne.jp/wp/を、独自ドメインで表示させる場合には、独自ドメインの設定で表示ディレクトリを「/www/wp」にすればOKです。

せっかくのマルチドメイン対応ですから、どうせなら独自ドメインで表示させたいですよね。

この記事に関連する投稿:

  1. うっかり中古ドメインを取得しないために
  2. 「ワードプレスのページが突然更新できなくなった!」

Comments are closed.