サイトのアクセス数を調べる【アクセス解析にできること】

Posted by: admin  :  Category: 専門用語の解説

せっかくサイトを作ったら、人が見に来てくれてるのか気になりますよね?
アクセス解析を使うと、サイトのアクセス数などを調べることができます。

アクセスカウンターと違うのは、訪問者数だけじゃなくて他にもいろいろなことが分かるところです。

  • いつ来たのか?
  • どのページからリンクを辿ってきたのか?
  • どんなキーワードで検索して来たのか?
  • ブラウザは何を使っているのか?
  • パソコンのOSは何か?
  • どんなプロバイダからのアクセスか?
  • ページにどのくらい滞在したか?

アクセス解析の種類によりますが、だいたいこんなことが分かります。

思いもよらないキーワードで検索されていたり、有名なサイトがリンクを貼ってくれたりといったことが分かって便利です。
検索キーワードを参考にして新しい記事を増やせば、効率よく求められているコンテンツを提供できるということです。

ヤフーで狙ったキーワードで1位に表示されるようになったとしても、実際にそこからアクセスが来るのかは計測しないと分かりませんよね。

ページの滞在時間が短ければ、内容が期待とマッチしてなかったり、読みにくいのかもしれません。

訪問者の数とページビューがほとんど変わらないとしたら、あなたのサイトは一人が1ページしか見てないということ。他のページも読んで欲しかったら、何か工夫しないといけないかもしれません。

ホームページを作るというのは、独りよがりになってしまいがちなものです。アクセス解析を設置して訪問者の気持ちを考えることで、より人気の出るサイトにすることができるんですね。

念のために言っておくと、アクセス解析で個人を特定されることはありません。掲示板などに名前を書き込んだりすると、このアクセス情報の人はこの人なんだと紐づけられることはありますが。

設置してないサイト運営者は、すごく損しているということがお分かりいただけたと思います。

次は初心者でも設置しやすいアクセス解析をいくつか紹介します。

関連する投稿はありません。

Comments are closed.