オフラインで更新 Dropboxの仕組み

Posted by: admin  :  Category: Dropbox

データの管理にとても便利だと話題のDropboxの仕組み、あなたは知りたくありませんか。
自分のパソコンの中のフォルダが、別のパソコンと同期できてしまう。2つを繋いでいたわけでも、同時に起動していたわけでもないのに。

まず、Dropboxを使用するためには、パソコンにDropboxをインストールする必要があります。
あなたが、会社と自宅に2台のパソコンを持っていて、その両方にDropboxをインストールしたとします、会社と自宅のパソコンでは、Dropboxのアプリケーションが監視を開始します。

例えば、会社のパソコンで、ファイルの更新をした場合、パソコンに変化ありとして、Dropboxのデータ保管庫に変化があった分だけのデータが更新されます。つまり、オンライン上にまったく同じデータが保存されるんです。

自宅のパソコンを立ち上げたら、Dropbox上の新しく更新されたデータが自動的に送られてくるというわけです。
こうして、会社でも自宅でもいつでも更新済みの同じデータを処理できることになります。

最大の魅力は、例えパソコンがオフラインであっても利用ができるということ(オンラインになった時点で勝手に同期します)、そして、更新分だけデータが足されるので、ファイルデータへの負担が少なくて済むといえるでしょう。
 


まだDropboxを導入していない人は、今なら無料で500MB容量が追加されます。
こちらからインストール後に確認してみて下さい。 >>500MBボーナス


 

この記事に関連する投稿:

  1. Dropboxの使用容量アップを見逃すな
  2. 大事なデータは保存するな!Dropboxの安全性
  3. シュガーシンクとDropboxの違いと空気
  4. 完璧じゃない?Dropboxの欠点・デメリット
  5. 管理が大事 Dropboxの危険性と対策

Comments are closed.